仏教の最高峰 頂乗仏教学舎  路傍の如来 多々方路傍石

如来品正師 多々方路傍石のブログ

悠久の流れ

心を汚したくはないから…俗世の愚劣に触れて胸を痛めたくないから…なるべくメディア情報などに触れる事を避けていても、通信機器を活用している以上、溢れ返る下劣の法から全く逃れる事は至難でもある…吐息 ことに春先ともなると.やたらと可笑しいのが出て来…

自己暗示

世間に氾濫する自己啓発..潜在能力開発..引き寄せの法則..イニシエーションとかは言わば[自己暗示]を掛けているのだか、その本質は[気分を変える]程度の次元のものでしかなく.ヤクザ映画を観たあと弱虫が肩を怒らせて歩くような無常なものだから、始めは良い…

勝利への道

勝利への道 真の勝利への道を如来は説く… 如来とは、如実の道に乗じて、正覚を来成するが故に、如来という。 (如来者乗如実道来成正覚故曰如来) 真の勝利とは此れ即ち.無明(無知)が生じさせるドゥッカ(苦)からの解放であり、激流の如きドゥッカ(苦)を継続さ…

吝嗇(りんしょく)

辻立ち托鉢場を上野不忍に定めて凡そ15年を経るが、その前は日本各地をあちらこちら随分と行脚もしたが、今.改めて思い返してみると.其々に土地柄があり出会う人々にも其々の風情があるものだと懐かしく回顧する想い出である。 しかし時代は変わり、若者は将…

バンカース

若い人には人生ゲームのようなものだと言ったほうが理解しやすいかも知れないが、私の子供の頃にはバンカースゲーム(銀行ゲーム)というスゴロクゲームがあった… 人生を思うとき、何を得ようが.何を失おうが.諸行無常なこの世界、バンカースゲームに熱狂して…

幸福は足下にあり

一切万象、考え方次第 幸せは山の彼方に住むものでも、苦労の先に待っているものでもなく、幸せは足下にありて.後は大事に育ててゆくもの… 仏教は智慧の宗教と言われるが、そう言われる所以は、物事万事.考え方次第で幸せにも不幸にもなってゆくものであり、…

幸福と不幸の別れ道

日本の衰退の原因を社会では少子高齢化と捉える向きが大勢だが、その真実は日本社会を蝕んでいるNIMBY思想(ニンビィ症候群)と無明な妄迷に他ならない。 ひとつには.いつも言ってる[所有の次元の事物の所有量により幸せや満足が得られるのではないか]という浅…

心の治療

よく人から、仏教は病んだ人の心を治療する目的があると言うのでしたら、精神科や心理カウンセラーの勉強や資格が必要なのではないですか? と尋ねられる…笑 別に私はもぐり医者でも医学博士でもハクション大魔王でもなく、能書きや染脳(洗脳)や薬剤で治療す…

ゴミ屋敷

心の中のゴミ屋敷 心の中をリフレッシュ! 皆さん、ゴミ屋敷と言うとテレビなどで時たま放映される食べたものやガラクタなどが散乱していて歩くのも難儀そうな室内を想像して、[よくあんな部屋で暮らせるわね〜]なんて思っているのではないでしょうか… でも…

生死の価値観

生きとし生きるもの全ての願いが叶えられますように… 生きとし生きるもの全てが幸せでありまずように… 幸せと不幸の別れ道 ●幸せも不幸も自由選択 環境.時代.時間.状況.宿因.宿命に依らず、万人には常に.幸せへの道と不幸への道という二つの別れ道があり.そ…

今日の一句

上野の辻に立ちたれば コロナ騒ぎに 神隠れ 右で乞食が酒盛りて 左に心の乞食が行き交いて 行ずる乞食にして見れば 浅ましき 乞食海の 乞食の一滴 景気は気からと言うけれど パンデミックの足音がする

お墓と供養

千の風になって 私のお墓の前で 泣かないでくださいそこに私はいません 眠ってなんかいません千の風に、千の風になってあの大きな空を吹きわたっています 秋には光になって 畑にふりそそぐ冬はダイヤのように きらめく雪になる朝は鳥になって あなたを目覚め…

受け入れる

この世の福と禍いとの.両(ふた)つながらの捉われと執着を去り、憂いなく.貪ることのない清浄者…そを真の修養者と我れは説く… ●現実を受け入れる(変化生滅) もしその人が自分にとり本当に必要なものが明確であれば、悩みも.迷いも.苦しみもしないだろうに、無…

欲望と怒り

欲望と怒り 欲望と怒りとは表裏一体のものだと明確に認識しなければ、常なく変化生滅しながら.移ろいゆく諸行無常なこの世界では.そうそう自分の都合通りに物事は運ばないものであり、一瞬一瞬に生じている欲望により不満や怒りを積み上げて行く事となる… 欲…

幸せに生きる為に必要なもの

物質的には何でも揃う今の世の中が.却って無明な人々の欲望を刺激.翻弄してしまうのか、幸福度.満足度の調査では日本は随分と下位集団にランクインされているらしい… マァ、幸福度調査に因らずとも.世の中を見渡して見ても肯けることではあるが… つまりは幸…

心の富貴

目覚め, 乗り越え, 解き放て! ❖堅固な幸せの達成こそが.真の勝利者である。 繁栄した日本に生まれて.物質文明の洗礼を受け、所有欲に翻弄されて便宜的で付随的な価値しかない[所有の次元の事物]への欲望に魅入られ執着.愛着しながら.苦しみや不満(ドゥッカ)…

セイムセイムかモアザングッド

貴方はベンツに乗っている 私は心のベンツに乗っている セイムセイムかモアザングッド…貴方は金財の富を築いてる 私は心の富を築いてる セイムセイムかモアザングッド 貴方は所有で輝いて 私は存在で輝やいて セイムセイムかモアザングッド貴方は愛着と執着…

心の次元の形状

心の次元の形状 良き形状の楽器を通る振動.波動が良き音色を奏でる如く、 良き形状の心の次元を通る心的エネルギーは、善き想いを奏でる… 悪い形状の楽器でも正しく修理されれば良き音色を響かせるようになる如く、 悪い形状の心の次元でも正しく修養されれ…

うんこ道

過っては忌み嫌われ.異端者扱いされたマイナーな同棲愛者とか.オカマ.オナベなどの人達が一定の権利を有しメジャーな存在となり、一昔前なら世間体を憚かられた[うんこ]も、子供達を中心に[うんこドリル]が人気を拍している今日なら語れるのではないかと思い…

退屈の虫

人は皆、退屈の虫を飼っている… しかも愚かで無明な人は、絶えず退屈の虫に悩まされ、振り回されている… 退屈の虫も又.煩悩(存在欲)であり、退屈の虫の要求に応えようと.外界に意識を向かわせて無明に何かしらを探し求める...しかしそんな退屈の虫の要求に幾…

放てば手に満ちて

放てば手に満ちて… その握り締め.しがみつく心が.苦しみ(毒華・ドゥッカ)を深めさせるのです.… いったい何が握り締めさせ.しがみつかせ.執着.愛着させるのかと自分の内を眺めれば、そこには煩悩(存在欲)が化身している自我意識を自分だと錯覚し、誑かされた…

生存苦

生きていれば苦は纏わりついて来る…生きるとは苦であると確かに識って…苦(ドゥッカ)から目を背けてはならない...苦(ドゥッカ)に誑かされてはならない…苦(ドゥッカ)に翻弄されてはならない…不安定で.不完全で.一時的で.短命な[楽]とは、苦が楽の姿をとって現…

脳内麻薬とトランス

古来、宗教.信仰.呪術.シャーマニズム.霊媒.カルトなどに於いて無視する事が出来ない[トランス状態]と言う脳波(α波)の現象と、内分泌カンノビノイド類(ドーパミン.βエンドルフィン.アナンダミド…)などの快楽分質の分泌作用に付いて仏教ではどう扱っているの…

報酬

❖ 報酬 悪癖.愚かさ.無明.怠惰.不善.渇望.貪欲.自我.苦(ドゥッカ)などから脱出するためには、それらから受け取る報酬より.真理や善徳に沿った生き方により受け取る報酬のほうが如何に大きく堅固であるか納得できなければ.人は中々.精進することが出来ないも…

真理は真理 虚仮は虚仮

人々よ 真理(真実.事実.現実.実相)を依り処(精神的支柱)として 虚仮(虚構.妄想)なる物事を依り処としてはならない… この諸行無常なる現象世界において、唯一.変化する事も消え去る事もない.堅固で普遍で実相的(無為)な依り処は真理(自然の法則)だけであり、…

渇きと潤い

肌の渇きはニベアでも塗っておけば潤いもするが、心の渇きは欲望の火焔(ほのお)に煽られたままでは、何を得て凌いだとしても空しい一時の安堵でしかなく、煩悩を火種とした欲望の火焔は.鎮まる事なく、.潤いを探し求めながら.益々と火焔は勢いを増してゆくも…

敵と味方

真に自分を助ける味方は、自分だけ… そして真に自分を貶める最大の宿敵も自分なのです。 [戦場に於いて幾千幾万の敵に勝つよりも.己自身に打ち勝つ者こそ真の勝利者なり] 自分の生存の素因(生きようとする意志)は煩悩(存在欲に起因する汎ゆる渇望)であり、煩…

如来品語録 自選集−1

❖凡僧は道におもねり.愚僧は道に惑い. 名僧は道を造り 如来は道を正す❖暮らし貧しくとも 心.貧しくなるなかれ 生まれ賎しくとも 心.賤しくなるなかれ暮らしは質素にあり..心は豊かな者となれ 暮らしは静かにあり..心は躍るものとなれ 社会の灯火は消え去れど…

思考と感性

思考と感性重要なのは、どう思い、どう考えるかではなく、どう納得してるかである… 重要なのは、どう思い込むか.どう信じこむかではなく、どう真実が見えているかである… 凡そ 自己啓発や自己改革の類のものが、無意味に終わってしまうのか…は、無理矢理に納…

ブログ記事の一覧

【 今日も気づいた事がある 】 【 在るがまま・・?】 【 仏教入門講座ー1 】 【 智者の満足、愚者の満足 】 【 所有の輝き、存在の輝き 】 【 解 脱 】 【 万病の元 】 【 即今実存 】 【 本質的無知(無明)】 【一切皆苦(因縁起果報)】 【 喜びの見つけか…