仏教の最高峰 頂乗仏教学舎  路傍の如来 多々方路傍石

如来品正師 多々方路傍石のブログ

トレジャー.ハンティング

仏教とは[トレジャー.ハンティング]…つまりは土中に埋もれてる本物の黄金、大粒ダイヤモンドの原石を探しだす財宝探しだと思うんですよね…従って仏教徒とは[トレジャーハンター]なんですネ…でも本当の目的は、その先に在るんですけれどね…人は皆んな.心の奥…

頂乗仏教学舎

頂乗仏教学舎 霊験灼然 (れいげんいやちこ) (れいけんあらたか) 路傍の如来 如来品正師 多々方 路傍石 頂乗仏教学舎ブログへはこちらから頂乗仏教学舎ブログ https://bongteng.hatenablog.jp ラインブログ https://lineblog.me/bongteng/ 如来品正師.多々…

仏教の教えとは.

毎度おなじみのフレーズではありますが、皆、幸せになりたくて生きています…不幸になりたくて生きている人など居ないのですから…。世の中には[俺なんか幸せになんてなれないし.別に幸せになりたいとも思わない…]と言う天の邪鬼な人でも、苦行してる自分を誇…

幸福(しあわせ)の三要素

世の中、何処を眺めて見ても.この幸福(しあわせ)という言葉で満ち溢れて居るが、凡そ真に幸福(しあわせ)な人に出逢った事がない…貧しい人は自分が幸せでないのは、お金がないからだと誤解しているし、お金持ちは.お金持ちで.金の事を始めとして汎ゆる物事に…

真の仏教は廃れず

日常から仏教はその姿を消しつつあり、今では仏教(=イコール)葬式と連想されるか、霊や超能力やご利益を謳う新興宗教劇団やカルト集団に都合よく摘み食いされたり、そんな中でもお釈迦さまの生の声を多く留める真聖な経典を保持する上座部仏教系の[スマナサ…

如来降臨

楽と不楽を共に捨ていと涼やかに依着(いちゃく)なし全ての世界に勝てる雄者(おさ)それを如来と我れは説く… 快と不快を共に捨て人間界の縛を捨て 天界の縛をも乗り越えて全ての縛から解き放たれしそれを如来と.我れは説く ■勝利への道真の勝利への道を如来は…

愚かさの根源

全ての愚かさの根源は無明(無知)であり.誤解であり.錯覚である…自らが.自らの依り処となり、真理(真実.事実.現実.実相)を灯火とし、無明の闇を晴らして.愚かさの根源を打ち破ってゆきましょう…道は私達.一人々々が自ら歩まねばならないものなのですから…人間…

生前取得と生後取得

最近は世俗諦ばかりを取り上げて来たので、たまには久しぶりに勝儀諦(大悟)を取り上げて見ようと思い立った…お釈迦さまも勝儀諦に関しては苦しみの消滅や平安.幸福の生成に直接に役立つものではなく、聖者の教えは.その掌に何も隠すものはないと仰っては居て…

仏心

「人の心のその奥に 仏も住むが鬼も住む」仏心とは大慈悲心の表象であり、鬼心とは自我に捉われし煩悩(存在欲)の表象である…人はその努力.意志.信念.知性により、仏にも鬼にも変幻自在な存在なのです…得体の知れない神様や.妄想的な仏様が救ってはくれはしな…

思考は苦を捏造する

無明(本質的無知)の闇の中を.盲目的に.手探りで暗夜行路を歩くが如き[思考]は、先入観.思い込み.錯覚.感覚.感情.欲望.既成概念.通説.伝聞.自己暗示.染脳(洗脳).自我意識などにより、在りもしない苦(ドゥッカ)を.自ら捏造している…因みに、世の中で言う[無思…

権威と風格

日本人が[仏教]と聞いて先ず.思い起こすのが[死]であり、葬儀.法要.檀家などの葬式仏教ではなかろうか…しかし残念ながら.その何れも本地垂迹や神仏習合による汚染と民間習俗の影響であり、決して仏教の教えでも儀礼でもなく、また由緒と歴史を誇り.静かなた…

仏教は超.現実主義

真の仏教を理解する上で、先ず必要であるのが.お釈迦さまは現実主義者で在られたという事ではないでしょうか…現代でも多く見受けられますが、お釈迦さま在世.当時は無明と迷信が溢れ返り、中でもバラモン教という得体の知れない神仏への信仰が.権威と歴史を…

目覚め.乗り越え.解き放て.

目覚め.乗り越え.解き放て… 閃きとは、気付きを言い. 捨離とは、捨て離れるを言う… 目覚めるとは、覚醒を言い.乗り越えるとは、超越を言う… 軛(くびき)とは、束縛を言い.解き放たれるとは、解放を言う… 本質的無知とは、無明を言い. 無明の闇を照らすとは、…

あたり前田のクラッカー

世間の人は[当たり前の事]を当たり前とは思わず…[当たり前でない事]を当たり前だと思って暮らしている…だから何時も[当たり前の事]で泣いたり.苦しんだり.悩んだり.怒ったり.悲しんだりしながら[当たり前ではない事]で笑ったり.興味をそそられたり.胸を時め…

十二因縁

資本主義社会.物質文明の真っ只中を生きている現代人は.好むと好まざるとに係わらず、感覚.感情.情緒.主観.自我意識につけ込む.所有の次元の事物への欲望(金欲.財欲.物欲.色欲.知識欲.情報欲.地位欲.権威欲.名誉欲.権力欲.健康欲.長寿欲.…)を煽る.偏り.如何…

承認欲求

大衆や社会から承認されたい.認めて貰いたいと過度に思うのは、本当は自分に自信がない証であり、他人や社会からの承認や是認により不安を取り除きたいと欲しているのである。しかしそうした無明の闇を、無明(本質的無知)な大衆や.偏り.歪んだ社会から承認さ…

存在

存在何れは朽ち果て、消え去る我が身かな…笑って生きるも一生ならば、泣いて生きるもまた一生なり…諸行無常を覚り.欲望から離れ自由と喜びに満たされて生きるも一生ならば、欲望に身を焦がし.空しさと失望の内に消え去るもまた一生なり… 何れは朽ち果て、消…

運不運

世界は常なく変化生滅しながら流れゆく…そこには幸運も不運もなく、ただ捉える者が.その都合によって分別しているに過ぎない…万事は.そうそう何時々々も思い通りに運ぷべきもないものであるのに、それを受け入れる事が出来ない無明さが不運なのであり、そう…

一信懸命

それが例え.愚かな先達が興した偏った信仰であったとしても盲信することなく、信念を以って懸命に一信するならば心の平安を得ることが出来る…それが.無明の闇を晴らし、目覚め覚醒し、乗り越え超越し、解き放たれ解放され、真理を依り処(精神的支柱)とする頂…

自業自得と因果応報

一切万象 自業自得一切万法 因果応報実は[運不運]を書いている途中だったのだか、今回のコロナ禍に関連した記事の中に.看過出来ない記事を見つけたので急遽、[自業自得と因果応報]に付いて記そうと思いたった次第である…それは自粛警察と揶揄される人達がコ…

ホームページ

⚫fc2ホームページの具合が良くない為、こちらに臨時移転しています。 頂乗仏教学舎 霊験灼然(れいげんいやちこ) (れいけんあらたか) ♥うつ病.パニック障害などで苦労されていた方々から、依存症や副作用もない頂乗仏教の超越瞑想(安寧の瞑想)が、最良だとい…

生命は死なず

お米はいつ死んだの?秋に実って.頭を垂らした稲穂から刈り取られたとき…?玄米から精米されたとき…?研がれて炊飯されたとき…?食され消化されたとき…?汚物として排泄されたとき…?でも食した人の生命力となり生きていたし…地の縁.水の縁で.土壌を肥やした…

俯瞰と大観

人は自分を基準とした尺度でしか物事を見ることが出来ず、その尺度に沿った物事に対して感覚.感情.主観は興味を抱いたり.気に入ったり.捉われたり.無闇に信じたりしながら.自分の認識.判断は正しいと思い込んでしまい.一歩下がって.一歩離れて客観的.理性的…

酔生夢死

幸も不幸も.その人の満足度しだいであり、満足も不満も.その人の納得度しだいなのである… 例え.酔っ払らったように生き.夢想.妄想の中に死ぬような酔生夢死な人生であったとしても.その人自身が.真に満足し.真に納得して死ぬるのであれば、それはそれで幸せ…

チチンプイプイ

真理の布施に勝る布施なし仏教の本質とは.真理(真実.現実.事実.摂理. 実相)の発見と理解する事であり、私が真理に(真実.現実.事実.摂理.実相)と.一々.書き加えるのは、真理という言葉は.正義を振りかざす悪人達の如く.カルト集団や新興宗教に汚され.毀損され…

如来の教えに宗派なし

慈雲尊者飲光の遺訓に[釈尊在世に宗派なし]という言葉があります… 真に仏道を歩まんと欲するならば、宗派などというものに捉われ.拘り.愛着していては、自分自身ばかりか衆生を堅固で実存的な幸せ.平穏.安楽.歓喜.静逸へと導く事など到底、不可能なことであ…

本質的気付き

目覚め(覚醒) 乗り越え(超越) 解き放て(解放) 人間とは、無明(本質的無知)な状態で生まれついているのです… そしてその生まれついての無明(本質的無知)の闇を振り払い、盲目的に手探りで生きねばならない不安定(ドゥッカ.苦)な人生を、真理(真実)の灯りで照…

幸せへの道

幸せに包まれた生き方の為の仏教この世界の本質…そして生きる事の本質とは苦(ドゥッカ)なのです。 ドゥッカとは[不完全性.不安定性による苦しみ.悩み.迷い.心痛.怖れ.憂い.哀しみ.悔い.不満.儚さ.脆さ.弱さ.空しさ.無明.欲望…]などを言います… しかし人は苦…

価値観

高級車なんかに乗るよりも、歩いて健康のほうが、遥かに価値がある… 立派なお屋敷に住むよりも家族団欒であるほうが、遥かに価値がある… 地位や肩書を得るよりも、人から信頼される人間のほうが、遥かに価値がある… 立派な勲章を付けるより、他人に恥じない…

幸せへの願い

世界中には信仰と宗教が沢山ありますが、2500年前..お釈迦さま在世の当時はバラモン教(現在のヒンデュー教)を中心として迷信と妄想と無明(無知)の闇に満ち溢れていました… そんな時代に於いて、真理(真実.事実.現実.実相)を理解され.真実を説かれた.唯一の教…