仏教の最高峰 頂乗仏教学舎  路傍の如来 多々方路傍石

如来品正師 多々方路傍石のブログ

トレジャー.ハンティング

仏教とは[トレジャー.ハンティング]…つまりは土中に埋もれてる本物の黄金、大粒ダイヤモンドの原石を探しだす財宝探しだと思うんですよね…従って仏教徒とは[トレジャーハンター]なんですネ…
でも本当の目的は、その先に在るんですけれどね…
人は皆んな.心の奥底に[本物の幸福(しあわせ)]という黄金が埋もれているのです…そしてそれを発見する為に必要なアイテムも能力も具しているのです…
しかし大抵の人は目の前を行き交う.耳目に入り易い物事や.感覚や感情に掛かる刺激や.人様の心を取り込んでやろうと作為的に張り巡らされた知識.情報.プロパガンダに踊らされ.直ぐに色あせたり.剥がれたりしてしまう金メッキを施された.本当はガラクタに過ぎない物質や所有の次元の事物に対し、自分を幸福(しあわせ)にしてくれる物だと錯覚し.魅了され.幻惑され、本物の埋もれた黄金を掘り起こすこともなく.本当の幸福(しあわせ)に気付かないまま、折角の人間の一生を終えてしまうのです…この真に満たされる事もなく.欲望と執着に煽られる無明こそが輪廻の激流を繰り返してゆく因縁でもあるのです…
己れの愚を知るが賢者なり…
人を錯覚に陥れるフィクションとは絵空事(プラパンチャ・戯れ言.空論.迷妄…)なものであり.人はそんな不可思議.神秘.興味をそそる物事に惹きつけられるもの…しかし事実は小説より奇なり(Truth is stranger than fiction)と言われるように、真理は目の前には現れず埋もれていて、安易に受け入れ難く.理解し難く.不思議にも思えるものなのですから…
だから世間では自分の利得の為に[金儲けの秘訣]とか[幸せになる極意]とか宣っているもので溢れ返って居ますが、もし本当の[金儲けの秘訣]なら他人に教えたりせず自分の利得の為に秘密に稼ぐでしょう…何しろ欲望は底なし沼のように深いのですから…また本当に[幸せになる極意]を知っているならば.幸せを分かち合おうとする筈で、吝嗇(もの惜しみ)や自利の追求とは.自身の怒りと不満によって為されるものなのですから…
先ず世間と言うものは、真実や事実を素直に受け入れ.認める性質を有してはいない…
世間というものは偏ったバイアスが掛かっていて、伝統的な物ごと.思い込み.先入観.権威.既成概念.迷信.文化的価値観…)などが優先され、人々に事実.真実を理解させる事は.ひどく骨の折れる作業を伴うものであり、その上に人は[自分の考えや見解は正しい]という自己暗示.思い込み.欲目に支えられていて、自分を基準とした尺度でしか物事を見ようとしないのだから…
自分が.無明の闇の中を盲目的に彷徨っているとは思っても居ないし、単なる現象的な感覚.感情.主観に従って手探りで生きていると自覚さえしていない…
だから、信じるとか信じないといった不毛な見解に捉われ、目の前の金メッキが施された物質や所有の次元の事物に振り回され、物質や所有の次元の事物の奴隷となり、物質や所有の次元の事物に魅了されながら、短命で空しい.少しの快感喜び幸福(しあわせ)と引き換えに、大きなドゥッカ(不安定さ.不完全さ.苦しみ.悩み.心痛.憂い.恐怖.哀しさ.飽き.迷い.悔い.不満.弱さ.脆さ.儚さ.虚しさ.実質のなさ.惨めさ.無明さ.無常さ.欲望…)に翻弄されながら.
自分の奥底の本物の黄金(本当の幸せ)を掘り起こすこともなく.埋もれてさせたまま.出会えぬままに人の身を潰えさせてしまうのです…
〈グリコのオマケ〉
■報酬
悪癖から脱出するためには、
悪癖から受け取る報酬より、真理に沿った生き方により受け取る報酬のほうが如何に大きく堅固であるか納得しなければ.人は中々.精進することが出来ないもの…
■金が天からいくら降ってこようと欲望か満たされることなどない…
智者は知っている。欲の追究の果てに得られる快楽は少なく、苦悩は多大であることを…
身心の一切をコントロールできることが最高の善である。自制は善である。
■<二つの道>
俗世の利益を求めるのも一つの道、また永遠の寂静に向かうのも一つの道。
人の選ぶ道は.このどちらかしかない。
前者は欲望の充足を目指し[所有の次元の事物]へと向かう道.後者は心の充足を目指し[存在の次元]へと向かう道…
前者をめざす人多し、後者をめざす人少なし。
祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風 の前の塵に同じ。

頂乗仏教学舎

     頂乗仏教学舎

      霊験灼然 

    (れいげんいやちこ)

    (れいけんあらたか)

      路傍の如来

  如来品正師 多々方 路傍石

 

頂乗仏教学舎ブログへはこちらから
頂乗仏教学舎ブログ https://bongteng.hatenablog.jp
 ラインブログ

https://lineblog.me/bongteng/
 
如来品正師.多々方路傍石です貴方の幸せ.平安.安楽.静逸のお役に立てる事を心掛け本欄とブログを作成していますご意見.ご質問.ご相談など有りましたら是非お気軽にご相談下さい。
如来とは神でも救世主でも妄想的な仏でもなく、真理と智慧に基づき人々を真の幸福、真に価値ある人生へと導く正しい師である。聖なる如来の導きにより人は誰もが菩薩へと生まれ変わる。
資質は皆が具している、ただ正しい方向へと導く正師に巡り合えずに盲目的な系譜に連なって来てしまった如来は無明を乗り越え(超越)目覚め(覚醒)解き放たれ(解放)自由で真の幸せを授ける。」
仏教とは幸せに生きる為の宗(むね)となる教えであり、得体の知れないものへの信仰ではなく釈迦尊(ブッダ)は無明なものへの信仰を明確に否定され釈迦尊(ブッダ)在世当時において歴史と権威とにより人々に信仰を強いていた[バラモン教]の説く神々の存在を体験的に修養により目覚め.乗り越え.解き放たれ.到達され発見された真理に基づき明確に否定された[目覚めた人]こそ釈迦尊(ブッダ)である
大乗仏教(マハー.ヤーナ)も相互依存の関係性(縁起)に於ける悟りの深さを象徴化(シンボライズ)した天部.菩薩.如来への敬虔な信仰心を.得体の知れないものへの信仰へ誘う本質を有し.小乗仏教(ヒーナ.ヤーナ)とも呼ばれる上座部仏教も、頑な部派仏教でしかなく教論(アビダルマ)に捉われ到達を自ら阻んでいる煩悩に征服され.虚妄に勤しみ.権威に阿る.退廃した現世に出世なされた如来は人々を堅固な[こよなき幸せ]へ導く聖なるお釈迦様の教え純粋な仏教(ダルマ.ヤーナ)を差し示す。
因縁起果報
★先祖崇拝は在家の習俗であり仏法ではない
★輪廻を真に理解できなければ仏法は理解できない。
★仏法は信仰や妄信を戒める。
信心ではなく理解する事が仏法ある
★仏法は厭世的でも刹那的でも享楽的でも妄想的でも階層的でもなく、現実的で真に平等な教えである。
◇世界は燃えている。利己的な欲望の炎で燃え盛っている。その利己的な欲望の炎により国家.集団.個人に至るまでが争い.殺し合い.騙し合い.憎み合ってゆく、その利己的な欲望こそが.諸悪の根源である事に気付くこともなく。
◇人は誰でも無知(無明)で生まれている。そして人は無知(無明)の闇の中を手探りで盲目的に生きている事に気付くことが出来ないまま、諸行無常な世の中で.何かしらの変化や移ろいに直面したときにドゥッカ(苦しみ.悩み.憂い.哀しみ.迷い.悔い.心の痛み.恐怖.虚しさ.儚さ.弱さ.脆さ.惨めさ.実質のなさ.無常.無明.不安定さ.不完全さ.欲望…)に気付く。
◇人は自分の無知(無明)に気付けなければ、成長してゆくことも出来ないものである。
◇人はいつまでも無知(無明)のまま生きて行くと渇望(煩悩)により感覚的に生きてゆく事となり主観的な自我意識に翻弄される
◇人は自分の無知(無明)に気付けないと主観的に考えるようになり、能力が全く達していなくとも自分に自惚れて、学んでゆくことが出来ないから何時までも無知(無明)なままである
◇人は自分の無知(無明)によりあらゆる物事に縛られ、自分に拘り捉われ自縛してゆき、窮屈な生き方をしてゆく事となる
◇人は自分の無知(無明)に気付けなければ、本質的に虚無(空)でしかない自分に拘わり捉われ縛られ、あらゆる物事に縛られ不安定な渇望に翻弄され、矢張り本質的には空虚でしかない便宜的な付随物(手段)に過ぎない所有の次元の事物への欲望と執着により満足や喜びや快楽を得ようとするが、決して満たされる事も尽きる事もない煩悩の要求により、無知(無明)で虚無な存在(自分)は空虚な人生を送ってゆく事となる
◇人間は本質的なドゥッカ(不完全.不安定.苦.痛み.悩み.哀しさ.脆さ.弱さ.儚さ.虚無(空相).怖れ.愚かさ.本質の無さ.惨めさ.無知(無明).欲など)のエネルギーにより生きている。
◇その本質による根深い自己防衛・自己保存への欲により、子供が親に自分の保護・安全・安心・恩恵などを渇望するように、自己防衛の欲により神や仏や超越的な力の存在を妄想し投影した。
また自己保存欲により永遠的で主宰的.実存的.実体.実相的である魂・霊魂・霊体などを妄想する。
◇それらは欲心の投影(幻影)に過ぎない。
◇無知(無明)で虚無な存在である自分が、空虚で付随物(手段)でしかない事物に翻弄され、その上に心の投影(幻影)でしかない妄想の中を錯覚して生きてゆくほど空しい人生はない
釈迦尊ブッダ)は無知(無明)による斯うした迷信的・倒錯的・妄想的・非現実的な妄迷な寝呆けた幻想から、乗り越え(超越)解き放たれ(解放)目覚める(覚醒)事を促されたのである。
◇虚無な自我や空虚な物事や妄想的幻想などを依り処(精神的支柱)としないで、この世界の中で唯一絶対的な実存である真理「摂理」を依り処(精神的支柱)とする。
◇真理だけを拠り処とし、安定した心の状態が涅槃(ニルバーナ)であり実存的な平安と悦楽と静逸な世界を体現できる。
如来は人々への、愛と慈しみと憐れみから、真理を説くのである。
◇真理を覚り、目覚めてゆく人々こそが真に幸せな人々と成ってゆくのである。
◇今持っている偏ったり間違ったりした見解や概念や観念や思想を捨てる事が智慧である
◇知識や情報や記憶など何の役にも立たず、心が理解した智慧こそが真に自分を助ける。
◇自分という存在の真の価値や意義は、心の浄化であり徳を積む事であり人としての質(クオリティ)を高め、人格を磨いて、光り輝く存在に成ってゆく事により叡智が現われてくる
 ◇「業(カルマ)」とは、精神的な境地であり、存在の性質(本質的意志)こそ精神である。
 
      【  祝福の啓示 】   
天界より大梵天は緒天を随えて勧請になされた
「嗚呼、今のままでは此の世は終わる、今のままでは此の世は壊れる。
汝、完成者よ、清浄なる梵天界にまで達したる其の成道を天と神仏は祝福するだろう…
大地は喜びに打ち震え、海は大波となって歓喜し、星は落ちて光り輝き祝福するであろう
我れは汝に釈迦牟二(シャキムニ)に授けたる如く三如を授けん、既に達したる六神通と三如の神通力により九神通へと至るものである。その法力により天と地上と迷界、地獄界に至るまで遍く施し救い導かん事を懇請するものなり、そして釈迦牟尼(シャキムニ)の至りたる無上なる等正覚は如来であり新たなる如来の誕生であり弥勒の出現である。 
この懇請を受けしは如来なり今より汝は如来品である」と賜号なされた 
天上界より帝釈天が緒神を随えて来迎なされた
「嗚呼、今のままでは此の世は終わる、今のままでは此の世は壊れる。
汝、完成者よ、清浄なる梵天界にまで達したる其の成道を、天と諸神仏は祝福するだろう。大地は喜びに打ち震え、海は大波となって歓喜し、星は落ちて光り輝き祝福するであろう。その法力により天と地上と迷界、地獄界に至るまで遍く施し救い導かん事を懇請
するものなり、この釈迦尊ブッダ)の達したる無上なる正覚は如来であり新たなる如来の誕生である。そして人間界への審判を汝に委ねるものである。汝が彼岸に至るとき、この人間界の存続か断滅して新たなる命の世界を創造すべきかを神仏は問うであろう。
汝の審判により人間界は滅しもし栄えもしようこの勧請は無上等正覚者を祝す」    
仏界より釈尊が諸仏を随えて降臨なされた
「嗚呼、今のままでは此の世は終わる、今のままでは此の世は壊れる。我が頂上なる弟子よ、完成者よ、過ぎ去る時空は我が教えさえも無常なるものと成し、真理に到達する者少なく、大悟を顕現して仏界に至る者は絶え至難とも成りたる、罣礙なく清浄なる梵天界にまで到達し仏界に達したる其の成道を吾れと緒仏、緒天、緒神、精霊に至るまでの天神仏と悪魔、餓鬼、悪鬼までもが祝福するものなり。大地は歓喜に打ち震え、海は大波となって歓喜し、星は落ちて光り輝き祝福するであろう…
〇頂乗仏教 修養項目
僧侶(比丘)とは修行する出世俗者であり、剃髪し粗衣を身に纏い托鉢で暮らしている。このような慎ましい生活を送るのは負債や
生活苦の為なのではなく、我らの心身を蝕む苦悩や煩悩から解脱し自由になるためであり、真正なる釈迦尊の教えを実践する聖道跡
であるからである。
とこしえの平安を得るため、とこしえの平安を伝えるため、修行をするのである。成功や名声のためでも人の上に立つためでもなく、
智慧と真理を啓き 徳を高め衆え生に真の功徳を廻向し施さんが為に、衆生に慈悲を施さんが為に、此のような生活を送るのである。
三帰依   
帰依仏陀 ・ 帰依仏法 ・ 帰依仏僧
〇戒律 
在家五戒(不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不飲酒)
沙弥十戒(不殺生・不偸盗・ 不淫・不妄語・不飲酒・不塗飾香鬘・不歌舞観聴・不坐高広大牀・不非時食・不蓄金銀宝戒 )
僧 侶  二百五十戒
具足戒(波羅夷・僧残・不定・捨堕・波逸提・提舎尼・衆学・滅諍)
・三摩邪戒パーティモッカの戒律
六波羅密   
 布 施 . 忍 辱 .持 戒 .精 進 . 禅 定 .智 慧
〇三 宝 印
◆諸行は無常なり 一切の形成されたものは常ならざるものなり。
諸行無常    この世に存在するすべては、すがたも本質も常に変化生滅するものであり、一瞬といえども存在は同一性を保持することができないことをいう。
諸行とは一切のつくられたものの意であり、無常とは変化生滅しないものは存在できない世界(欲界・色界)であると説いている。
◆諸法は非我なり 一切の事物は我ならざるものなり。 
主体的な実体としての我は存在しない諸法非我(諸法無我
諸法非我の[法]とは[存在]という意味であり、[非我]とは[永遠に続くものはない]という意味であり、諸法非我とは「一切の存在は永続的なものではなく、仮のものである」ということ。「諸行無常」が、時間的流れのなかで一切のものが変転していくものであることが説かれ、「諸法非我」とは、空間的に一切のものは固定的な実体ではなく全ての存在は時空な中での暫定的な存在である」という思想なのです
一切は皆苦なり <一切皆苦 
一切の事物は空しく不満・不安定・苦により成り立つ。
「色は苦なり」「受想行識も苦なり」と説かれる。パーリ語聖典ではドゥッカ(dukkha)であり日本語の「苦しい」という意味だ
けではなく「不満」の意味も持つ。
大宇宙も生命も本質として空しく不安定で苦と不満のエネルギーにより存在している事を説いている。
 ◆ 涅槃は寂静なり 
〇自燈明と法燈明 
自らを燈明とし自らを拠り所とし他人を拠り所とはせず法を燈明とし法を拠り所とし他を拠り所とはせず己の信じた道を正しい方向へと進め
〇正信 と 妄信 
 伝説を鵜呑みにするな。教典をそのまま信じるな。伝統が全て正しいと思ってはならない。如何に論理的な言葉であろうと誰もが揃って支持しようと、例をあげて証明されようと、己の主観と合致していようと権威ある人の言葉であろうと、全てを安易に正しいと信じてはならない。
自ら確かめる事なく受け入れることを「妄信」という。本当の確証を得て信じることを「正信」という。
(世界を懐疑の目で眺め物事の本質を如実にしる事で無明が取り除かれる)
〇邪念 と 正念     
仮の姿を真実だと思い込んだり間違った観念や見解を抱いていると真理には到達できない。 「真理は真理、虚仮は虚仮と知る。」
〇三学 と 三毒 (気付きと三欲) 
三学(持戒・禅定・智慧)を修めよ。
三毒(貪欲・瞋恚・迷妄)を断ぜよ。
持戒 心に刺激が入り込まぬよう感覚器官を見張り、心を不安定にする行いを慎む
☆禅定 持戒により心を安定させ正しい精神集中により想念を一点に止め、雑念を芽生えさせない。                       
智慧 心は澄んだ水面の如く一切を映す。命の実相を見、大宇宙の法則を理解し全てを在るがままに受け入れる
〇三 毒 (貪瞋痴)(不善処)
★貪欲  
欲を貪り、欲により心の平静を乱す。
(肯定する欲望)
★瞋恚  
激しい怒り、怨み。(否定する欲望)
★痴愚  
迷妄や無明から生ずる迷いや妄念、愚痴しい行い。不満(生存欲)
◎自我への執着や偏見が無くなれば真理は依り明らかに見えてくる 智慧はおのずと啓かれる
◎快楽の中の修行の成果を味わい生きる事の素晴らしさを享受し、命の意味を覚る。 

智慧の修行は甘美なる果実を収穫する。」
◎八 正 道       
本質への正しい見解 
正見.正思.正業.正語.正命.正精進.正念.正定
正念に始まり正智に終わると言われるが、八道を同時進行的に修養してゆく
 参考
智慧の章 https://blogs.yahoo.co.jp/bhagavat_buddha/66120873.html
戒律の章 https://blogs.yahoo.co.jp/bhagavat_buddha/66121771.html
禅定の章 https://blogs.yahoo.co.jp/bhagavat_buddha/66122875.html
 〇十二縁起(因果律 
「此れ有れば 彼れ有り」
「此れ無くば 彼れ無し」
「此れ生ずれば 彼れ生ず」
「此れ滅すれば 彼れ滅す」
無明(妄念)⇒ 行(欲求の動機)⇒ 識(欲求の意識)⇒ 名入(選択)⇒六処(六根)⇒ 触(接触)⇒ 受(感受)⇒ 愛(愛憎・渇愛)⇒取(取捨)
⇒有(所有)⇒生(生の所有)⇒老死(老化虚無)    
◆十二縁起の順観・逆観  因縁因果
〇四 聖 諦      
苦諦  この世界は苦に満ちていると明らかに気付く。 
♢四苦八苦
生・老・病・死・愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦
集諦  
苦の原因が何んであるかに明らかに気付く
(煩悩により苦が発生することを明らかに気付く)  
滅諦 苦の原因を滅すれば苦も滅することに明らかに気付く
道諦 苦の滅を実現する道を明らかに気付く
苦を滅するには遍知・滅除・成就・修習・八正道」の五道を実践
☆「遍知」苦は知り尽くすべき
☆「滅除」苦の原因は滅すべき
☆「成就」苦の滅は実現すべき
☆「修習」苦の滅を実現する道は実践すべき
◆三転十二行相  
 十二縁起により、如実知見を得る。

(眼が生じ,知識が生じ,智慧が生じ,明知が生じ,光明が生じる。)
 ☆ 三転  
示・ 内容の確認⇒勧・どうすべきかの確認⇒ 証・了解・体得の確認
十二行相
【苦聖諦】   
苦聖諦とはこのようなものである。(示)
苦聖諦を完全に知るべきである。 (勧)
苦聖諦を既に完全に知り終えた。 (証)
【集聖諦】   
集聖諦とはこのようなものである。(示)
集聖諦を断ずべきである。       (勧)
集聖諦を既に断じ終えた。       (証)
【滅聖諦】     
滅聖諦とはこのようなものである。(示)
滅聖諦を目の当りに見るべきである(勧)
滅聖諦を既に目の当りに見終えた。(証)
【道聖諦】   
道聖諦とはこのようなものである。  (示)
道聖諦を繰り返し修すべきである   (勧)
道聖諦を繰り返し修し終えた。  (証) 
〇五  蘊 (五集合要素)
【色 蘊】色かたち、「私」を分析すると、色かたちが見つかる。名称と形態
 ルーパ   体とは常に変化生滅してゆき「私」という実体はない 
【受 蘊】感受作用 五官(眼鼻耳舌身)を観察すると苦と痛みが見つかる
ヴェ-ダナー  負担に感じる量の痛み・苦が消える事が、楽である。
【想 蘊】表象作用 五官により得た情報を確認・再確認・妄想ている。
サンニャー 「花だ」「猫だ」「私は医者だ」「あれは何だ?」 
【行 蘊】意志作用 何かをしたい・何かしなくてはという気持ちがある。
サンカーラ 前の状態から次の「何かしたい」という力が変化しながら流れてゆく。
【識 蘊】認識作用、識別作用
頭が知る事ではなく心が識ること。
 区別判断・好嫌
ヴィンニャーナ(心)  
命・生きている認識・心のはたらき
◎区別判断するための情報や価値基準を想蘊をつかって識蘊が識別.判断している。
 心(ヴィンニャーナ)が働く為に、受(ヴェ-ダナー)と想(サンニャー)が必要で、そこには必ず行(サンカーラ)が働く        
 〇四無量心           
(マイトリー)誰れ彼れの区別・差別ない慈しみと友愛の心 楽を与える
(カルナー )  他人の苦しみ悲しみへ同化する心  憐れみ  苦を抜く
(ムディター)他人の喜びに嫉妬することなく同慶を感じる心
(ウペクシャー)極端な感情の起伏を制御した拘りのない平静な心
〇構成要素 
五つの構成要素の集まり(五蘊)と六つの感官(六根)六つの認識対象(六境)とを合わせた十二の領域(十二処)
十二の領域に六つの認識作用を合わせた十八要素(十八界)
☆五 蘊 
<色蘊(肉体)受蘊(感受) 想蘊(表象) 行蘊 (意思)識蘊(認識・識別) >
☆六 根  
< 眼・耳・鼻・舌・身・意 > 
☆六境
< 色・声・香・味・触・法 >  
☆十二処 ( 六根と六境 )
☆十八界 六根と六境(十二処)に、感覚器官の六つの認識を加えたもの 
(眼界.耳界.鼻界.舌界.身界.意界)
(色界.声界.香界.味界.触界.法界)
(眼識界.耳識界.鼻識界.舌識界.身識界.意識界)
 〇重要修行項目
◎四 念 処   八正道の重要項目
1. 身念処  此処に身体において身体を観察して、正念正智して貪欲と憂いとを制御する。     呼吸の自覚
kaya  ⇒この身は不浄である 
2.受念処  此処に感受(楽・不苦不楽・苦)において感受を観察して正念正智して貪欲と憂いをと制御する。
感覚の自覚
vedana⇒感受するものは苦である。
 3.心念処  此処に心において心を観察して、正念正智して貪欲と憂いとを制御する。心の状態の自覚
citta⇒心は無常であり不安定である
4.法念処  此処に法において法を観察して正念正智して貪欲と憂いとを制御する   観念の自覚
dhamma⇒すべての事物は非我である
〇四 精 進 
1.今生じてない悪(貪瞋痴)が生じないよう注意深く精進する
2.既に生じた悪(貪瞋痴)をなくすよう注意深く精進する。
3.今生じていない善(戒定慧)を行うことを決意し精進する。
4.既に生じている善(戒定慧)を安定させ修習し完成を決意し精進する。
〇五根   
 <信根・精進根・念根・定根・慧根>
〇五力   
 <信力・精進力・念力・定力・慧力>
〇四 神 足   
 1.欲神足   欲求について意のまま集中し思念をもち実践する能力を修める
 2.勤神足 精進について意のまま集中し思念をもち実践する能力を修める
 3.心神足 思索について意のまま集中し思念をもち実践する能力を修める4.観神足 観察について意のまま集中し思念をもち実践する能力を修める「このように 私(釈迦尊)は四神足(瞑想法)が修練され豊かにされたときに、清浄で超人的な天眼をもって、もろもろの生存者が死に、また生まれるのを見た。即ち卑賤なるものと高貴なるもの、美しいものと醜いもの、幸福なものと不幸なもの、そして諸々の生存者がそれぞれの業に従っているのを明らかに知った。
 実にこれらの生存者は身に悪行を行い、言葉に悪行を行い、心に悪行を行い、もろもろの聖者をそしり、誤った見解を抱き、誤った見解にもとずく行為を行う。
 かれらは身体が破壊して死んだ後に悪しき所、堕ちた所、地獄に生まれた。また他のこれらの生存者は、身に善行を行い、言葉に善行を行い、心に善行を行い、諸々の聖者をそしらず、正しい見解に基づく行為を行う。
 かれらは身体が破壊して死んだ後に善い所、天の世界に生まれた。
 このように清浄で超人的な天眼をもって、諸々の生存者が死に.また生まれるのを見た。
すなわち卑賤なるものと高貴なるもの、美しいものと醜いもの、幸福なものと不幸なもの、そしてもろもろの生存者がそれぞれの業に従っているのを明らかに知った。」 
 ◎七覚支

覚りの完成への七つの法「七つの覚り(完全な智慧)と支(部品)」
1.念 覚 支  心を平らかで過去や将来にも捉われず、今という瞬 間へ気付き、今を観察する。 
⇒妄想が能力を蝕む。今の瞬間に気付き妄想をとめる。
2.択法覚支 教えの中から真実なるものを選び取り、偽りの教え を捨てる。     因果関係の発見
 ⇒気付きを充分に実践していると自動的に「こうだから、こうなっている。」というような情報を依り明確に見て 分析する能力が現われてくる。
 3.精進覚支 一心に精進し気付き分別能力を高め、因果関係の理解に精進する。
 ⇒気付き分別能力が身に備わると、やる気が増して因果関係の理解に精進できる。
 4.喜 覚 支 真実の教えを実行する喜び、因果関係の理解の喜びに住する。
 ⇒葛藤や誘惑に打ち克ち精進してゆくと大楽が現れてくる
 因果関係が如実に理解でき本質が見えてくる
 5.軽安覚支 喜覚支が充分に深まってくると心が宇宙空間に居るかの如く軽やかになる
 ⇒心を自縛する不善処(貪欲・怒り・痴愚・渇愛・執着・怠け・疑)などの重石なくなった状態である
 6.定 覚 支 禅定な状態であり心が集中、統一された状態となる。
 サマーディ(禅定)
 ⇒普通の人の識る世界は、五官から入ってくる情報に限られていて、そこから入った情報を「意」で捏造して妄想している。そして
 妄想 により達した結論を真理であり事実であると誤解し主観を形成。
 正しい実践によりサマーディに達すれば五感の次元を超越し普通の人々には知りえない情報を識ることが出来る。
 この能力を「神 通」という。
 7.捨 覚 支  対象への捉われを捨て気付きや因果法則を観る能力が具わり寂静を得る解脱へと至る。
 ⇒気付きが修養され因果法則を如実に観ることができ努力精進し、心を統一し安定させる能力が具わり、極限の冷静と寂静を得たれば捨覚支 へと進み「解脱」する。
 ☆世界は無常・苦・非我であると極限的な冷静をもって観察し明智する。
 ☆サマーディも因縁によって生起してものであり因縁が変われば消えてしまうものである
 ☆どんな楽であっても、所詮は執着する必要のない無常な現象にすぎない。
 〇禅定 
禅 初禅⇔第二禅⇔第三禅⇔第四禅 
定 空無辺処定⇔識無辺処定⇔無所有処定⇔非想非非想定
 ☆ 入境(トランス状態に入る) 
 梵(ブラフマナ)  想受滅     
 ☆梵天界(真理)へ座す。
<全ては一息の内にあり。>
 ◆禅(徹底思惟)⇒定(思惟停止・止観)⇒梵(トランス状態)⇒定(無念無想)⇒禅(正念正智)⇒解脱
 ◆大悟への瞑想
 徹底思惟の瞑想 
 (禅)止観 無念無想
 精神統一の瞑想
 (定)観照 気付きの瞑想     
 ヴィッパサナー瞑想
 平安の瞑想⇔開放の瞑想⇔歓喜の瞑想⇔感謝の瞑想⇔慈悲の瞑想⇔無所有の瞑想⇔明知の瞑想
 
 ★四つの条件を揃え、五つの蓋を超えると正しい禅定となり四つの心三昧が現われる
 第一の初禅とは、思いが在り考えがあり欲を捨てて生じる。歓喜を体験し無欲の歓喜で満たされる。
 第二の禅とは、思いがなく考えがなく想を捨てて生じる。歓喜を体験し無想の歓喜で満たされる。
 第三の禅とは正念があり正智がある喜を捨てて生じる。大楽を体験し無喜の大楽で満たされる。
 第四の禅とは大楽がなく清浄がある楽を捨てて生じる。空性を体験し無楽の空性で満たされる。
 ★定は.釈迦牟二(シャキムニ)の瞑想法である
 しかし大悟して解脱し涅槃に成道させるのは[高度な瞑想]ではなく[智慧と叡智]である事を忘れてはならない。   
 ◎如実知見とは「在りのままに見て、在りのままに知る」 
 
〇八つの解脱    
 1.初  禅 内心において「物質的なもの」という想いの者が、 外において物質的なものを見る。       
 2.第二禅  内心において「物質ならざるもの」という想いの者が、外において物質的なものを見る。     
 3.第三禅  己とは不浄なものであり世界とは清浄なるものであると覚る 
 4.第四禅 「物質的なもの」という想いを超越、し抵抗感を消滅 し「別のもの」という想いを起こさず.個々に存在するのではなく全て無辺なる虚空」であると観じ、空無辺処に達する。 
 5.空無辺処定 全てが法と真理のもとにあり」と観じ、識無辺処 に達する
 6.識無辺処定 全てが無辺なる識であり虚空を分断するは無辺なる識であると観じ、無所有処に達する。   
 7.無所有処定 在るのはただ想いだけであり「想いが虚空と一体 化した」と観じ、非想非非想処に達する。            
 8.非想非非想定 想いが在るでもなし無いでもない境地。その境地を超越し「表象も感受も消滅する境地」 
 9.滅想受定(トランス状態)に達する。
 内々観 
 Transcend 無意識層に安定 
 
〇五  蓋 瞑想を妨げる五つの条件
 1.貪欲蓋 2.瞋恚蓋 3.昏眠蓋 4.掉悔蓋 5.愚痴蓋
 〇十結と四向四果   
 ★五下分結 (人を欲界に結びつける五つの煩悩)           
 ★四向四果 
 1.有身見   我という不変な存在が有るという誤った見解    
 ☆欲界→感覚で認知できる世界 

☆色界→物質的条件として認知できる世界
 2.疑 惑   何が真実か判らない状態 無知の状態       
  ☆無色界→欲望も物質的条件も超越し精神作用だけの世界・禅定に住まう。
 3.戒禁取見 拘り仕来りや苦行などに色々な事に捉われた状態  
 ☆1.2.3(三結)を完全に断滅すると[預流果]を得る。
 須陀含(シュダオン)
 4.欲 貪   激しい欲、欲情   

☆4.5が薄くなると[一来果]を得る。 
 斯陀含(シュダゴン
 5.瞋 恚   激しい怒り    
 ☆4.5を完全に断滅すると[不還果]を得る
 阿那含(アナゴン)
 ★五上分結(人を色界・無色界に結びつける五つの煩悩)
 1.色 貪  色界に対する執着、意識界の禅定への執着
 2.無色貪  無色界に対する執着、無意識界の禅定への執着
 3.掉 挙 私は到達したという意識界・無意識界の微妙な高揚
 4.我 慢 私は成したという慢心、意識・無意識界の微妙な慢心
 5.無 明  最後まで僅かに残っている根本的な無知       
 ☆五上分結を完全に断滅すると[阿羅漢果]を得る。
 応 供(アラハット)
 ★応供に到達し叡智の顕現により大悟を得て成道を果たし無上正等覚者・如来(athagataタターガタ―)となる
 【四向四果】
 預 流  
 涅槃に暮らし、唯、時空に身を預け、流れ行く。 預流に向かい、預流の果を得る
 一 来   
 涅槃に暮らし、時空を超越し、戻りもしたる境地。 一来に向かい、一来の果を得る。
 不 還   
 時空を超越し、世界を俯瞰する者なり不還に向かい、不還の果を得る。
 阿羅漢  
 現世に在り、現世になし(空観)  
 阿羅漢に向かい、阿羅漢の果を得る。
 
〇梵我一如の六態
 第一態  閉眼、座禅定。止観・正念正智による空境への入境
 ⇒沈思により梵天界(色界)への入境⇒滅想受により無色界へ入境
 第二態  半眼、座禅定。止観・正念正智による空境への入境
 ⇒沈思により梵天界(色界)への入境⇒滅想受により無色界へ入境
 第三態  開眼、座禅定。止観・正念正智による空境への入境
 ⇒沈思により梵天界(色界)への入境⇒滅想受により無色界へ入境
 第四態  閉眼、立禅定。止観・正念正智による空境への入境
 ⇒沈思により梵天界(色界)への入境⇒滅想受により無色界へ入境
 第五態  半眼、立禅定。止観・正念正智による空境への入境
 ⇒沈思により梵天界(色界)への入境⇒滅想受により無色界へ入境
 第六態  開眼、立禅定。止観・正念正智による空境への入境
 ⇒沈思により梵天界(色界)への入境⇒滅想受により無色界へ入境
 
六神通

六種の神通力・観自在な境地・通常の次元を超えた深い洞察力 
 
神足通(iddhi-vidha-ñāṇa)機に応じて自在に身を現し、思うままに山海を移動し得るなどの通力
 ■天耳通(dibba-sota-ñāṇa)ふつう聞こえる事のない遠くの音を聞いたりする超人的な耳
 ■他心通(ceto-pariya-ñāṇa)他人の心を知る力
 ■宿命通(pubbe-nivāsānussati-ñāṇa))自分の過去世(前世)を知る力
 ■天眼通(dibba-cakkhu-ñāṇa)
 
死生智(Cutūpapāta-ñāṇa))一切衆生の過去世(前世)を知る力
 ■漏尽通(āsavakkhaya-ñāṇa)自分の煩悩が尽きて、今生を最後に生まれ変わることはなくなったと知る力

如来の法力 〈神通自在〉

如来を侮るならば、社会は.災厄を招き、混乱は続き、衰退し.滅亡へと向かう…

此れ天地自然の理法なり…

因果応報 因縁起果報

邪なものを棄て去って、真の如来を尊ぶ者は救われる

此れ天地自然の理法なり…

因果応報 因縁起果報


如何なる不運・問題・災厄・悪因縁・業病から真に救う事のできる如来の法力 

 

感謝のお便り 

(数多くの頂戴した感謝の便りの一部を掲載)
 ■心の悩み                        
 愛知県蒲郡市 幸田(女性)
 
私は3年も付き合っていた彼にある日突然に別れてくれと言われ何が何だかわからなくなり頭の中が真っ白になってしまいました。
 それからというもの仕事をしても手に付かず街の中を彼の姿を探してしまい情緒も不安定になっていました。
 それから暫くして風の便りで彼が結婚したことを知りました。私はショックのあまりいっそ死んでしまおうかと考えたりして死ぬことに憑りつかれたようになっていた時、如来品正師のブログに偶然に巡り合い[]死随観]というページに心を癒され思い切って如来品正師多々方様にメイルさせて頂きました。
 優しく心のこもった返信を頂き、私の前世の事や運命の事や今の私の状態と本当の自分を取り戻す方法を指導して頂き、前世の業と運命の障害を取り除く法力をお願いしました。
 今ではやさしい主人と巡り合い二人の子供にも恵まれとても幸せな日々を送らせていただいています。
 もし如来品正師様と巡り会う事ができなかったら、あの時に一歩踏み出せなかったらと思うと、幾ら感謝しても感謝しきれません。本当に有難うございました。
 
業 病(悪性腫瘍・癌)           
 山梨県甲府市 若杉(男性)
 
五年前、念願だった新築住宅を購入し家族三人で暮らし始めた頃に何故かそれまで一度も経験したことのない体の痛み(特に下腹から尾骶骨)と漠然とした不安感で夜も眠れない日々が続きました。
 思い切って病院で検査すると大腸癌と膵臓にも転移しているので手術ではなく薬物療法で経過をみると言われ癌薬による治療をしていたのですが癌は肥大化してゆき体は明らかに衰えてゆき、内心では「死」を覚悟したのですが残される家族を思うと居ても立ってもいられない気持ちでした。
 そんな時に友人から私のような病人を救ったという如来品正師(如来)の話を聞き、藁にも縋る想いで連絡させて頂きました。
 とても心のこもった対応をして頂き、私の前世のことや.運命のこと.私の今の状態(因果律に遵った縁起).正常な状態へ戻す道(方法)などを教えられ、早速、前世の業と運命の障害を取り除く法力で救って下さるよう懇願いたしました。
 本当に不思議なのですが半ば諦めかけていた癌がその後、お医者様が驚く位に癌は小さくなってゆき.転移していた腫瘍もいつの間にか消滅していました。
 癌薬の効果だという人もいるでしょうが私より軽度の患者さんでも死んでしまう事も数多くある現実を考えると、私は法力で救って頂いたと心から感謝しています。
 今では家族そろっての幸せを取り戻すことができ、皆、元気に暮らして居ります。
 多々方.如来品正師様、有難うございまた。
 
パニック障害統合失調症          
 東京 赤羽 阿部(女性)
 
多々方様にご指導頂ける仏縁に恵まれ、専門医からも見放された精神障害から完全に回復する事が出来、平安で幸せな日々を取り戻す事が出来ました。本当に有難う御座います。
 
躁鬱病                                  
 三重県 松坂市 笠原(女性)
 
私も重度の躁鬱病を患い、医者からも匙を投げられ安定剤や眠剤とか大量の薬漬けにされて居ましたが幸いにも多々方如来品正師に巡り合う事ができ教えに従い努力し社会復帰することができました。命の恩人とさえ言えるお方だと心より感謝申し上げます。
 
 ≪ 相談無料 ≫  
 電話相談・メイル相談・手紙・辻立ち場への来訪
 
    🏣333-0866                                             埼玉県川口市 芝 頂乗仏教学舎
   如来品正師  多々方 路傍石
  Eメイル  bongteng@live.com

仏教の教えとは.

毎度おなじみのフレーズではありますが、皆、幸せになりたくて生きています…不幸になりたくて生きている人など居ないのですから…。
世の中には[俺なんか幸せになんてなれないし.別に幸せになりたいとも思わない…]と言う天の邪鬼な人でも、苦行してる自分を誇りにしてる愚かな人でも、これから自殺しようとする頑迷な人でも、その中に[幸せ.幸福]を見い出して居るからに他ならないのです…
そして[仏教とは何なのか?]と言えば、第一には[人々を堅固で実存的な幸せへと導く]世俗諦への道であり、第二には此の世界の本質と実相を見透し理解する勝儀諦への道であると言え、得体の知れない神仏や怪しげな力など眉唾な他力に縋り.救われようとする低次元の信仰.信心ではなく、強いて言うならば.万物が内包する神性や仏性への感謝.崇め.敬い.畏れを含め.諸行無常な此の世界に於いて.唯一の堅固なる依り処(精神的支柱)である無為(変化生滅しない絶対的なもの)なるもの真理(自然法則)を支えとした安定的で実存的な幸せ.平安.悦楽.歓喜.静逸の実現へ到達する道を指し示しているのが仏教(仏の教え)なのです…
これだけ平和で.豊かで.恵まれた時代と環境に生きていながら、多くの人々は何故か.不満不幸.苦しみの中を生きていて.心を貧しく.心を卑しくしているように思えますの…その現実は幾ら.否定しようとも.その顔や、社会の世相に明確に現れていて、疲れ.悩み.満たされて居ないような無気力な表情の人も多く見かけますし、ニュースを見れば凄惨な事件.問題.争いが絶えません…
[金持ち喧嘩せず]という例えがあるように、本当の満足.多幸感.充実感.歓喜.平穏の中に在る人には.争いも.憎しみや怨みも.怒りも.哀しみも空しさも無縁なのですから…
その答えは、唯、無明(本質的無知.真実が見えていない状態)だからなのです…
だから本来は欲望を奴隷として欲望を使役して意欲として溌剌に生きている筈なのに、欲望の持つその魔力に魅入られ[欲望の奴隷状態]に在るからなのです…欲望の本質とは.永遠の存在として在る為に.決して満たされる事のない要求をし続けるものなのですから…
却って欲望の要求を抑制し制御コントロールしてやれば、欲望の炎で燃え盛る如き.欲望で波立つ湖面の如き心は.次第に鎮まり.鏡面の如く真理(真実.事実.現実.実相)を映しだすのです…
[欲望の奴隷状態からの解放]

無明という闇の中を手探りで盲目的に、暗夜行路を行くが如く生きているから、変化生滅してゆく現象に過ぎない物事を、感覚的.感情的.主観的(自我意識)に捉えて、毀誉褒貶に拘り、一喜一憂しながら、喜怒哀楽に振り回されて生きているから、苦という本質(ドゥッカ)へと行き着くという理法(自然法則)に遵って、少しの喜び.幸せと引き換えに大きな不幸.不満.苦しみの中を生きているのです…

世の中には.欲望の炎を煽る魅惑的な話とか.心を捉えて離さない最先端の各種機器や.最新のトレンドなど人を魅了しないでは置かないような情報で溢れ返っています…
それは丁度、欲望の炎で熱せられた鉄板の上を、飛び跳ねては空中で一時の安堵を得ながら、熱い熱いと転げ回っているようなもので、余裕を失った心は、欲深く.貧しく.卑しくなってゆくのです…
そんな[欲望の奴隷状態からの解放]こそ、仏教の教えなのです…

目覚め、乗り越え、解き放て… 
覚醒と超越と解放
次章の[幸福(しあわせ)の三要素]へ続く…

幸福(しあわせ)の三要素

世の中、何処を眺めて見ても.この幸福(しあわせ)という言葉で満ち溢れて居るが、凡そ真に幸福(しあわせ)な人に出逢った事がない…
貧しい人は自分が幸せでないのは、お金がないからだと誤解しているし、お金持ちは.お金持ちで.金の事を始めとして汎ゆる物事に縛られ却って多くの苦悩と不幸を背負っているもの…金が天からいくら降ってこようと欲望は満たされない事を、智者は知っている。欲の追究の果てに得られる快楽は少なく、苦悩は多大であることを…
仏教に、[知足(足るを知る)]と言う言葉がある.これは[今あるもので我慢する]という意味ではなく[幸せの為に必要な一切は.全ては既に与えられている]…だから「既に満ち足りているのだ」という気付きなのです…
欲望とは底なし沼のようなもので、煩悩の欲求に幾ら応えた処で、更なる要求をしてくるだけで、決して満たされる事などないのです。
逆に、煩悩の要求を抑制しコントロールしてやれば、風に波立つ湖面も.風が止めば次第に鎮まってゆくように. 欲望の風に波立っていた心は鏡面の如く澄み渡り、その湖面に真実(真理.事実.現実.実相)を映し出されるのです。
身心の一切をコントロールできることが最高の善である。自制は善である。
この幸福(しあわせ)の三要素さえ、自覚できるようになれば、皆んな幸福(しあわせ)になる事が出来るのです…
しかし社会には人の幸福(しあわせ)を謳いながらも、その実は自分の幸福(しあわせ)の実現の為に邁進している者達や、得体の知れない神仏の力や眉唾な超能力を持ち出して幸福(しあわせ)を商品化しようとする者達が跋扈したりと、それと言うのも言い換えれば、凡そ.この平和で恵まれた社会とは.貧富に関わらず.多くの不幸や苦悩を造り出す構造的欠陥を内包し.無明な人を更に盲目的へと誘い.欲望の炎で焼き尽くされた人々が.満ち溢れている証でもあるのです…
さて前置きが長くなってしまいましたが、本題の幸福(しあわせ)の三要素とは階層的に構築されているのです…
ですからアフリカの最貧国の大統領が実に豊かな心の持ち主で在ったり、やはり貧しい小国のブータンの国王が幸せの国だと自認したり出来るのです…
実は.幸福(しあわせ)とか不幸とは.貧富や性格や地域や環境や時代による訳ではなく、無明(本質的無知)の闇の中を盲目的に生きるのか…無明の闇を晴らして真理(真実.事実.現実.実相)を依り処(精神的支柱)として生きるのか次第だと言えるのです…
ですから自己啓発セミナーなどに引っ掛かりプラパンチャ(戯れ言.能書き.観念.空論.仮説.理想論)を積み上げて却って苦悩を増やしてしまったり、新興宗教に嵌って無明の闇を更に深めて.今.既にある幸福(しあわせ)さえ失って、現実逃避してしまう人が案外と多いのです…
人生には苦があるのです…当たり前
苦があるから生きていけるのです…
もし苦がなかったら…
空腹という苦がなかったら、食事などしませんから、餓死します…
尿意.便意という苦がなかったら、トイレに駆け込みませんから膀胱炎、大腸炎で憤死します…
…………苦は続くよ〜♪何処までも〜♪
しかし同時に楽もあるのです…苦楽は一如なものなのです…
頂乗仏教を実践する人は、涅槃(ニルヴァーナ)に到達し、堅固な平安.悦楽.歓喜.静逸.幸福な世界を実現します。

■幸福(幸せ)の三要素
三階に、所有的幸福(しあわせ)が乗ります
二階に、関係的幸福(しあわせ)が乗ります
一階に、存在的幸福(しあわせ)が在ります
◆一階.二階が無ければ三階は成立しません
ですから存在的幸せ(1F).関係的幸せ(2F)が無いが薄弱な人は3Fの所有的幸福(しあわせ)を手に入れても一時的で短命な幸福(しあわせ)しか味わう事が出来ずに、遠からず不満.不幸.苦悩などの次元へと戻ってしまうのです(意欲と貪欲.強欲とは別物なのです)
例えば、三階の金や財がどれ程あろうが、一階の存在としての健康や自由がなければ、価値がないし、一人きりで砂漠に存在していれば.水より価値がない紙切れにすぎないのですから…

◆一階が.しっかりと調っていれば自分一人が住む(生きる)には充分な広さです…
◆二階があれば余裕で暮らす(生きる)ことが出来ます…却って掃除が大変にはなりますが…
◆三階があれば楽に暮らす(生きる)ことが出来ますが、1F.2Fの負担とならないように調和が必要です…3Fの過重が下の階の負担とならないように、下の階の[人格]と、上の階の[所有]のバランスを欠くと.禄な生活(人生)を送りません…
■三階の所有的な幸福(しあわせ)とは.
依存症とはズバリこの所有欲への執着に束縛されるからであり、1F.2Fの軟弱.不満さから3Fに魅入られるのだが、却って1F.2Fの幸福(しあわせ)を害なってゆく事となる
本質的には飽くまで、便宜的.手段.付随的なものに過ぎない…  [ドーパミン的分泌作用]
最高の幸福な日々は、富でも名誉でもなく、自分のしたいことを見つけ.努め.励み.学びながら生きる事なのではないでしょうか…
♡所有の次元の事物

金.財.所有物.社会的地位.名誉.称号.権威.権力.勢力.世評.承認.健康.寿命.知識.情報.記憶.達成感.満足感…
■二階の関係的な幸福(しあわせ)とは.
繋がり.絆.人間関係.触れあいによる幸福(しあわせ)…各自の距離感が大切であり、程良い距離が幸福(しあわせ)を生じさせる…
猫や犬に癒やされたり、他人に貢献、親切を施して感謝され喜びを感じるのも、関係的幸福(しあわせ)…  [オキシトシン的分泌作用]
反意語は、孤独感
■一階の存在的な幸福(しあわせ)とは.
松尾芭蕉の[旅に病み、夢は荒野を駆け巡る]の句のように病んでから、元気に歩き、野山を駆け巡れる健康や元気さ幸福(しあわせ)に気付いても遅いのであり、今、既に持っている何万、否、無尽蔵な幸福(しあわせ)に唯、気付けるか.気付けないか、味わうが味わえないか、だけなのです… 
生命は素晴らしく、生きている有難さに勝る快楽はなし●今ある幸せに気付く
 [セロトニン的分泌作用]
無明の闇を晴らしたら、脳内麻薬は自由自在
ドバー…ウハァー…に、ウッヒヒー…


♥幸福と書いて、何故.しあわせと読ませるのか?…それでは福が無いではないか…と言う御指摘を頂戴しました…
[返 答]
福が来たから喜ぶのではなく、喜ぶから福が来るのです…不幸が連鎖するも.悩むから連鎖するのです。
福とは、幸せを味わう人に、自ずと福も随ってくるものなのですから…

真の仏教は廃れず

日常から仏教はその姿を消しつつあり、今では仏教(=イコール)葬式と連想されるか、霊や超能力やご利益を謳う新興宗教劇団やカルト集団に都合よく摘み食いされたり、そんな中でもお釈迦さまの生の声を多く留める真聖な経典を保持する上座部仏教系の[スマナサラ教]は随分と頑張っていると思います…
しかし日常世界から姿を消しつつあるのは.仏教を称する歴史と権威に辛うじて支えられて来た信仰集団(団体)であり、寧ろ現代科学(物理学.理論物理学.天文学.精神科学)や近代思想.最新哲学などの世界では、お釈迦さまが凡そ2500年前に実践的に発見され.実証され.説かれた仏教思想や仏教理論を核心とした真理(真実.事実.現実.実相)への道を歩み始めているのですから…
諸行無常なこの世界…物事は口伝であれ書物であれ、人から人、時代から時代へと伝わってゆく間に、真実や本質から離れ.歪んでゆくものであり…それは遊戯に[電報ゲーム]というのがありますが、最初の[白い花]という伝文が.幾人かの間を経てゆく内に[黒い豚]に変わっていってしまうようなものであり、如来の出現も又、そんなお釈迦さまが説かれた真理の教え[仏教]が歪み.変質し.衰えた時…天地自然の理法(法則)に遵って出現するのです…
それ故に.頂乗仏教学舎は、宗教の最高峰でもなく.信仰の最高峰でもなく、仏教の最高峰であるのです…

如来降臨

楽と不楽を共に捨て
いと涼やかに依着(いちゃく)なし
全ての世界に勝てる雄者(おさ)
それを如来と我れは説く…


快と不快を共に捨て
人間界の縛を捨て 天界の縛をも乗り越えて
全ての縛から解き放たれし
それを如来と.我れは説く


■勝利への道
真の勝利への道を如来は説く…
如来とは、如実の道に乗じて、正覚を来成するが故に、如来という。 
(如来者乗如実道来成正覚故曰如来
真の勝利とは此れ即ちドゥッカ(苦)からの解脱であり、ドゥッカである輪廻転生からの解脱をも指し示す。
[幾百人の敵に勝つよりも、己自身に勝つ者こそ、真の勝利者である]
■束縛からの解放
思考と想念で造り上げている[自分]という幻想と、汎ゆる物事に対する判断.善悪.好嫌.優等劣などの価値基準.固定観念.既成概念など、自らを縛っている全ての束縛からの解放
■四種の束縛
①感覚による束縛(五欲)
五欲 眼耳鼻舌身が色声香味触に触れる刺激(感覚)への欲望に束縛される(意欲による)

五つの感覚器官(眼耳鼻舌身)と意(心)が.六種の対象物[色(物質).声(聴覚).香(臭覚).味(味覚).触(触覚)]と[法(心処)]に対する欲望に束縛される
※生きるとは何かに依存する事と言え、依存しなければ生存は成立し得ないのであり…生きるとは.即ち束縛である…
他から独立して単独には存在できない.関係性の上に存在しているに過ぎない…
しかし五感覚器官(眼耳鼻舌身)に刺激を与え.その程良い刺激を意(心)に捉えさせる事が喜び.快感.幸せだと錯覚して.感覚器官に刺激を与える事に余念がなく、束縛され感覚器官の奴隷となっている…
②存在欲による束縛
生命には[生きていたい.生きてゆきたい]という根深い存在欲があります…
生きてゆく為には何かに依存しなければならないのですが、それは生きる為の便宜的な付随物(手段)に過ぎず、決して存在の目的ではないのですが、根深い存在欲は、無常な生きる為の依存に激しく執着させる依存症への束縛
※所有の次元の事物への執着(束縛)
(生きる為の便宜的な手段として存在する付随物としての価値を有すが目的物ではない)
金財.所有物.社会的地位.名誉.称号.身分.伴侶.家庭.権威.権利.承認.理解.権力.勢力.威力.健康.寿命.若さ.知識.情報…など
③見解.概念による束縛
生きてゆく為には見解や概念が必要です…
物事の良し悪しから安全危険.必要不必要.向き不向き…と、全ては見解や概念により判断して、それに従って生きています…更には人生観.世界観.社会観から.得体の知れない神仏や魂や怪しげな力(フォース)から.宇宙人の在不在まで、それぞれの持つ見解.概念.主観.嗜好により、皆んなが皆んな.自分は正しいと自分の見解や概念に強烈に束縛されているのです…
真理(真実.事実.現実.実相)は、なかなか表には現れて来ないものであり、現代社会では尚更だとも言え…真理を如実に見て知るのには物事の本質を私見を交えず、冷徹に集中してよく眺め観察し.分析し.思惟し.洞察し.検証し.確証を得て理解出来る多少.厄介でもあるものなので、多くの人は社会に出回るプロパガンダや染脳的(洗脳的)な知識.情報や、偏ったり.誤ったりした仮説や憶測に過ぎないものを鵜呑みにし盲信したり束縛されたりするのです.
④無明(本質的無知)による束縛

一切の現象は無常であり、苦であり、無我であると、理解出来ず、理解しようともせず、生命は無明に支配されている…
(一切は瞬間.瞬間に現れては変化成長し消滅してゆく現象に他ならず、固定的実体は存在しない…)
無明…それは煩悩が造り出す欲望に束縛され奴隷状態で生きている事に他ならない…
※煩悩の欲望とは、永遠に存在していたい.永遠に生きていたいという存在欲が造り出す幻影に従った、永遠に存在する為に.プラスになると感じた物事へは、自分の元へと引き寄せたいと貪り、永遠に存在する為に.マイナスになると感じた物事へは、自分の元から遠ざけたいと怒り、永遠に存在する為に.プラスマイナス0ないし判別出来ないものへは不満や痴愚を生じさせる、貪瞋痴の三毒を栄養とする次元に依存し束縛されている事に他ならない…
★執着に束縛されない…とは…
放っておくこと…なり…ポクポク…
■参考   四念処
【サティパッターナ.スッタ大念処経】 

■解脱とは、如実知見を得て.この四種の執着への束縛から解放される事なのです。

★そこで昔から愚かな人達は言うのです…[それでは、世の為にも他人の為にもならない単なる自分の悟りとか解脱とかへの拘り.捉われでしかないものであると誹謗して、世界を救うとか.人々を救うとか.片隅を照らすとか観念的で空論に過ぎない能書き.戯れ言(プラパンチャ)を宣いながら、迷信的で無明な人々を、更に迷妄で無明の闇に包まれた得体の知れない神や仏への信仰世界へと誘うのです…
しかし全く違うのです…この世界、自分という存在、この世界な本質が[無常であり、無我であり、本質的には苦であり、空である]と理解できてこそ、真の自分の存在の価値とは、自分への捉われ.拘り.執着を離れた[世の中の為、他の生命の為、他の苦悩する人々の為]に生きる事こそ自己存在の意義と価値を見い出せるなですのではないでしょうか…
六道で言えば、自我へ捉われ.世の中を汚し.自分を省みず.他人を蔑ろにし.他の生命を不必要に殺め傷つけ害する心が地獄界へ輪廻させるエネルギーを蓄積してゆくのであり、我欲に拘り理解.評価.所有などを.もっと欲しいもっと欲しいと執着し満足する事を知らない心が餓鬼界へ輪廻させるエネルギーを蓄積してゆくのであり、人間性を喪失した倒錯した心が畜生界へ輪廻させるエネルギーを蓄積してゆくのであり、世界.社会.他人.他の生命と協調し和そうとしない心が修羅界へ輪廻させるエネルギーを蓄積してゆくのであり、他人への慈しみがあり又.自分への執着もあるプラスとマイナスのエネルギーが打ち消し合いながらも人間性を保っているエネルギー状態が人間界へ輪廻させるのであり、自分への捉われ拘り執着を離れ社会.他人.他の生命な為に役立ち.奉仕する心が.天界(安楽界)で休息し.その後に善い処(良い境遇)へと輪廻させるエネルギーを蓄積させるのです…
因みにお釈迦さまが何故、集い(サンガ)を造り教え導きはしたが、教団化するのを避けられ.亡くなられる直前まで.自らの食は自らの托鉢で賄われたのかと言えば、教団化すれば教団経営を主要な行となり、集客.集金が行となり、その為には真理を歪めてまで大衆迎合的に得体の知れない神仏や怪しげな力への信仰や脅し込みやらご利益という果報を謳わなければならなくなり、それによって自らを穢す事を厭われたからに他ならず、それは現在の各宗教.各宗派.各教団の教祖や経営者の有り様を眺めれば明瞭なのではなかろうか…
■如実知見 

束縛から解放されるには、物事を在りのままに観察し.分析し.思惟し.洞察し.検証し.理解してゆくことです。
そこには思惑.妄想.私見.判断などを一切はさまず、在りのままに[生きる]という事自体と、生きるという変化生滅を理解してゆく事です。
生きるという事が理解出来てくると、物事を正しく如実に見ること知ることが出来ます。
如実に知見するならば「一切の現象は、無常であり、無我であり、苦という本質のものであり、空なるものである」という真理を発見して解脱します…
[生きる]とは因果律(縁起)に従って紡がれた一時的に現れる瞬間瞬間の現象に過ぎず、そんな瞬間瞬間の現象を実存だと錯覚し、瞬間の現象に執着し.束縛され.それを最大原因として、輪廻転生という激流を流れ続けているのですから…
如来の徳は積み上がらじ…

如来はその徳を.衆生にと振り向けん…
如来の徳は授かりし衆生の功徳とならん…
一切万象 因果応報
一切万法 自業自得
衆生 心 浄めたもう
貧しき心を 浄めたもう
卑しき心を 浄めたもう
衆生 徳を積みたもう
衆生 無明を晴らしたもう
衆生 自我を離れたもう
衆生 軛(くびき)を解きたもう
一切万象 因果応報

一切万法 自業自得


■天界(梵天界)  

意識は五集合要素(五蘊)を必要とする
天界(梵天界)では非物質的な精神性の集合要素を形成する…しかし六道輪廻を輪廻する 五集合要素(五蘊)を具えた存在   
■仏界

一源のエネルギー世界
高次元の集合要素を形成
彼岸(外世界
■六道世界
彼岸の淵(宇宙の外淵に形成される天界)輪廻
此岸の淵(宇宙の内淵に形成される迷界)輪廻
空中
地上
地下

愚かさの根源

全ての愚かさの根源は無明(無知)であり.誤解であり.錯覚である…
自らが.自らの依り処となり、真理(真実.事実.現実.実相)を灯火とし、無明の闇を晴らして.愚かさの根源を打ち破ってゆきましょう…
道は私達.一人々々が自ら歩まねばならないものなのですから…人間より高い位置から.人間を差配し.導き、時には手を貸してくれる存在など居ないのです(得体の知れない神仏)
如来(タダーガタ)は、その道を指し示すだけ…

 

人は自らの努力と知性によって.汎ゆる束縛から自らを解き放ち、自らを自由で歓喜と幸せに満ち溢れた世界へと運ぶ事ができるのです…

自己解放は自ら真理を実現することによって得られるものなのです
人々よ…貴方達は疑い.戸惑い.躊躇い.怯みながら、肩を落とすだろう…
それは当然である…何かしら.困った時.怖れた時.苦しむ時に自分を救助.救済し.導き.手伝い.守ってくれる創造主とか神仏とか霊力とか超越的なものなど存在しない現実を、まの当たりに眼前に突き付けられ、覚悟はしててもその現実を受け入れたくはないのだから…
人々よ、権威.伝統.風格.先入観.思い込みなどに惑わされてはならない…単なる伝聞.単なる風評.単なる形而上の仮説.確証のない知識や情報.上辺の可能性.単なる推論に過ぎないものに騙されてもいけない…感覚的に快く.耳障りのよい.欲望を刺激する.自分の嗜好に合致するという理由で鵜呑みにしたり、無抵抗に受け入れてはいけない…
よく眺め.よく吟味し.よく分析し.よく思惟し.確証を得てから信じなくてはいけない、
疑いは[妨げ]だという無知な輩が多いが、疑心暗鬼は進歩を妨げるものですが、疑問は進歩を促すものであり、疑問をそのままにしては.真には先へ進む事は出来ないのであり、先へ進むためには疑問を無くし.晴らし.理解しなくてはならないのです…
つまらない物事.下らない物事.どうでもいい物事.無価値な物事は除外しながら、絶えず疑問を晴らし、無明の闇を[真実]という灯火で照らし出してゆく事こそ、盲目的な愚かさから解き放ち、自らを自由で.歓喜と幸せに満ち溢れた世界(涅槃.ニルヴァーナ)へと運ぶ道なのです.
真の仏教の根幹.真髄.目的.価値.奥深さは、至高なる[真理]の内に顕現するのですから…
 

■四無量心

四無量心 即ち三学(戒定慧)の実践であり、八正道に通じ、無明の闇を晴らす道なり…

 

努め励む者よ…慈しみ(メッター)の内観を深めなさい…それは慈しみ(メッター)の内観を深めれば.どんな瞋恚も消えてしまうのだから…

努め励む者よ…同悲(カルナー)の内観を深めなさい…それは同悲(カルナー)の内観を深めれば.どんな残虐性(無慈悲)も消えてしまうのだから…

努め励む者よ…喜び(ムディター)の内観を深めなさい…それは喜び(ムディター)の内観を深めれば.どんな不満も消えてしまうのだから…

努め励む者よ…捨(ウペッカー)の内観を深めなさい…それは捨(ウペッカー)の内観を深めれば.どんな動揺も消えてしまうのだから…

■慈・悲・喜・捨

【慈】慈しみ 相手の楽を望む心 

【悲】憐れみ 苦しみを抜いてあげたいと

       望む心

【喜】喜び、 相手の幸福を共に喜ぶ心

【捨】平静  相手に対する平静で落着いた

       心.動揺しない落ち着いた心